« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

コウチャンは(BlogPet)

コウチャンは、ここまでショウが前後した。


*このエントリは、ブログペットの「コウチャン」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花♪

0628_1 0628_2 0628_4

0628_9 0628_10 0628_11

行きつけのカメラやさんに 「鎌倉の紫陽花を撮りに行きませんか?」

行く予定はありました・・・しかし今日植木屋さんに入ってもらう日だった(^・^)

雨が降ると一日延ばしで、いつになるか分からない?・・・今日やって貰う事にした。

鎌倉行きはキャンセル・・・です!!!残念・・・(鎌倉の紫陽花は来年も咲きます)

写真は・・・三島市塚原新田(国道一号線箱根方面)・・・農家の方が自分の山の斜面に

紫陽花を植えて、楽しませてくれている場所です☆

・・・・・・少し遅かった、咲き終わっている紫陽花が多かった・・・・・・(+_+)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハス♪

“伊豆の国市四日町・・・成福寺でハスの花が次々と咲いている”

新聞の記事を見て、今朝8時30分に家を出て駿豆線で韮山迄・・・徒歩10分で成福寺へ。

境内には、約230種のハスが直径50cmほどの陶器の鉢に約250鉢に植えられている。

*ハスの花は、一日目につぼみが開き、二日目に日の出から午前中のみ開花、三日目

は終日開花、四日目に散る短い命だそうです*

撮影をするカメラマンが早朝から訪れてシャッターを盛んに切っています。

額に汗して一時間ほどいましたが・・・蒸し暑く、綺麗なハスを見たら暑さもすっ飛んでしま

います☆ 今日の収穫でした(*^。^*)   

0627_2 0727_3

0627_4 

0627_7 0627_9

0627_10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

教室で♪

0626_1 0626_7 0626_3

0626_4 0626_2 0626_5

基本的には自由な教室です\(◎o◎)/!

それぞれ好きな事をやって時間を過ごします♪

布草履今日は鼻緒をつけるところまでで・・・出来上がった方もいました。

“足タレになってくれる”・・・なんて言ったりして撮影♪

なかなかの出来栄えでした・・・履き心地は??最高ですって(笑)

セーターを編む人、ハワイアンキルトでクッションを作る人、

何もしないでお茶だけ飲みに来る人・・・それで良いのです。

話半分・・・手仕事半分・・・楽しい教室ですよ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

田植♪

Ts2a1081 Ts2a1082 Ts2a1086

http://www.maff.go.jp/kyoshitsu/reki_ryu/stage03.html

田植をした事がありますか?

私はあります・・・子供たちと一緒に、地下足袋をはいて麦わら帽子、

首には手拭を巻き苗を植えます(腰が痛くなって大変)

その時の格好・・・想像してみてね (^^♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三島大社♪

0623_2 0623_3 0623_4

義母の使いで大社へ・・・初めて体験してきました☆

わが国では古来茅の輪を腰に着けたり、くぐる事により罪汚れが祓われる信仰があり心身の清浄ならん事を祈請する神事であります。茅の輪の上に掲げた和歌を唱えながら輪を廻って下さい・・・と書き記してありました・・・廻ってきました♪

http://www.bigme.jp/000-000-03-06/03-06-30/03-06-30.htm

0623_5 0623_6 0623_7

大社の池に亀が岩の上で寝ているのかな?甲羅乾し?

木陰で休む人、おにぎりを食べる人、ベビーカーで散歩する人(*^。^*)

桜の花が終わって久ぶりに行ってみた・・・新緑の大社もなかなかいいね♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

でもコウチャンは三島で作業する(BlogPet)

きょうは三島までショウといねみたいな話したの?
でもきょう、イスみたいな電話♪
でもコウチャンは三島で作業する?
でも三島へ仕事したかも。


*このエントリは、ブログペットの「コウチャン」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インドハマユウ♪

0622_1 0622_2 0622_3

今年も咲きだしましたインドハマユウ♪

インド原産。耐寒性は強いそうで,葉はハマユウに似ていて,

花はテッポウユリに似たのが放射状(散形花序)につきます。

海岸に自生するハマオモト(ハマユウ)の仲間ですが、花弁の幅が広い種類で、

公園などに広く植えられています。花茎は高さ50~60cmになり、

20個近い花をつけます。緑色の長い筒部の先に広がる花弁は白色で、

長さ10cm近くあり、なかなか豪華です。葉の基部は肥厚して20cm前後の

大きな鱗茎(球根)を形成します。(図鑑調べ)

0622_11 0622_12

この桃色の花も仲間かな?・・・今日撮影してきたのですが・・・

淡いピンク色で全部開いたら綺麗でしょうね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一言多いいよ!!!

0621_1 0621_2 0621_7

久しぶりに友の畑に行き一時間話に花を咲かせてきました♪

リンゴ・・・ナスの花・・・タイサンボク・・・

田んぼに囲まれた作業小屋の前にイスを出し、風に吹かれて気持のいい事。

友 「昨日のうちに電話をくれたら、野菜に消毒をしなかったのに」

私 「明日雨みたいだから・・・今日 (*^。^*) を見にきたさ」

   (あれれ、三島弁だ・・・自然に使っている)

私 「一日中こんな、のんびりしていたらいいね」

友 「バカ言ってんじゃないよ!!!田んぼだけで判断しては困るよ」

私 「あっ・・・そうだよね (^_^;)」

友 「仕事は何でも大変さぁ、サラリーマンだって、農家だって」

私 「!!!・・・ (^^ゞ ・・・ ^^; 」

返す言葉が無い・・・一言多い・・・失敗、失敗、 !(^^)!

こんな会話をしていても今度会うときはいつもの笑顔で会えるのがいいね♪

友っていいなぁ~気持がわかっているからね♪

(リンゴの木、小さくても実が色付いて、可愛いリンゴだった)

私 「食べごろになったら又来るね」

友 「あるわけ無いよ孫がいるんだよ家には」

孫には勝てません (~o~) でも写真は撮らせてもらいます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アガパンサス♪

Ts2a1065 Ts2a1061

Ts2a1072001 Ts2a1077

Ts2a1071 Ts2a1069

アフリカ原産です。寒さにはやや弱いですが,

  

 関東あたりまでは戸外で越冬できるようです。 いくつかの花が放射状につき,全体が球形に見えます。和名は,ムラサキクンシラン(紫君子蘭)ですが,白い花もあります。

朝のゴミ出しの時に撮影・・・一週間で3枚 (*^。^*) 

夕焼けの富士・・・電線が邪魔で~す、街中だから仕方ないか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未練たらたらで~す♪

Ts2a1064 Ts2a1062 Dsc041971

まだまだアジサイが綺麗です♪

* ガクアジサイ(額紫陽花)は周辺の花びらだけが開きます(装飾花といいます)。

それがちょうど額縁のように見えます。

 *カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

ユキノシタ科に属します、穂のように白い花が集まって咲きます。

葉も切れ目があるところが異なります。

写真の柏葉紫陽花は去年私が水をやりすぎて枯らしてしまったものです !(^^)!

花の色が気に入って御殿場から買ってきたのに!!

あきらめがつかない・・・根を見たらもう根腐れして完全に駄目でした!!!

写真、撮っておいて良かった (*_*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

能登の旅・・・9

0611_10_1 旧輪島駅ホームの「シベリア」行き

平成13年3月31日まで、のと鉄道が運行されており、この場所に最終駅・輪島駅がありました。そのホームの駅名標(看板)には、通常、輪島駅は最終駅であるため次の駅の部分は空白となるところですが、そこには「シベリア」行きが表示されていました。

「シベリア」が書かれていた理由は定かではありませんが、聞くところでは空白であった部分に学生が「シベリア」、「ウラジオストック」、などのイタズラ書きしていたものを当時の駅長さんの配慮(?)で「シベリア」行きの標記がなされたようです。

旧輪島駅とシベリア鉄道との間には厳然たる日本海がありますので、決して繋がっていたわけではありません。どうか皆さまお帰りになっても旧輪島駅に「シベリア」行きがあったとは口外なさらないようお願いいたします。信用を無くすことが心配されます。

是非、輪島へ赴いてご自分の目で確かめられるようお観めください。

            ☆道の駅ふらっと訪夢・輪島駅長

*この写真を撮影して、「シベリア」の文を読み面白かったので載せてみました*

0611_12 0611_14 0611_15

http://www.t-monzen.jp/~notosoin/

能登総持寺・・・地震の被害が多かった所です。

http://www.kodawariyasan.com/1club_html/noto/noto4.htm

http://www2.tba.t-com.ne.jp/mai-kojirou/subu74.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

布わらじ♪

0618_1 0618_2 0618_3

0618_4 0618_5 ディ教室♪

月曜日、学校で布ぞうり作る時間でした♪

布を巾5~6cmに裂き、編みこんでいきます。

   ☆生徒さんの手元をお断りして撮影☆

始めは四苦八苦だった生徒さんも後半になるとすいすい編んでいる。

なかには昔、わらじを編んだ経験のある方がいて、職人さんみたい\(◎o◎)/!

手つきは良く形も良く出来上がっていきます・・・残りは又来週です♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

0613_10 0613_21 0613_3

写真クラブに入って2回目・・・撮りかた、アングル、目線、等。

教えてもらって撮影!? 撮りかたが少し変わったかな?

同じ場所、同じ花、同じように撮ってみました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とか思ってたらしいの(BlogPet)

ショウは
http://www.noto-net.jp/noto-omise/index.html
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、ブログペットの「コウチャン」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しさを堪えて!!!

0613_2 0613_8 0613_24

0613_20 0613_19 0613_23

親しい方が亡くなりました・・・今日通夜に行ってきます。

悲しみを堪えて・・・せめてブログの中に花を・・・合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白♪

0613_1 0613_4 0613_6

   アジサイ     ニワナナカマド    コンロンカ         

0613_13 0613_14 0613_25

  ナンテンの花      ?     カシワバアジサイ          

 街並で見つけた白い花♪

ジメジメする日が続くと“白”って良いね♪

今日は一日中家の中で片付けをし、新聞を束ね、写真を整理、

義母の部屋を隅々まで掃除機で徹底てきに掃除☆

気がついたら午後1時がまわっている・・・

落ち着いたところで“宝くじの当選番号調べ” ルンルンしながら ☆ミ

・・・新聞をみんな纏めてしまった (~o~)・・・探すのは面倒だ・・・

また、やってしまったドジな私 ★ (宝くじ売り場で見てもらう事にした)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

能登の旅・・・8

0614_1 0614_2 0614_4

0614_5 0614_6 0614_3

朝市での散策も終わり・・・午後3時50分に飛行機に乗る迄

残り半日・・・広々とした街を歩いてふらっと能登・・・駅の道

http://www.noto-net.jp/noto-omise/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギンバイカ(銀梅花)♪

Dsc03347 Dsc03348

Dsc03349

*かーこ姫さんのご要望に応えて載せました*

載せてはいいものの大きすぎ・・・\(◎o◎)/!

私の腕ではこれが限界で~す(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

能登の旅・・・7

0611_13 0611_5 0611_6

輪島漆器会館・・・

輪島の街の中心部新橋のたもとにある。1階は輪島塗の販売フロア。

2階の輪島漆器資料館は、重要有形民俗文化財の指定 を受けた、

安土・桃山時代から明治初期までの3804点の資料、工具、作品などが

公開されている。輪島塗実演コーナーもあり、工程と歴史を知る上で必見です。

輪島・・・漆塗り・・・木地師・・・家の前にひび割れが痛々しい!!!

0611_7 0611_8 0611_9

軒下につる下がっている、てるてる坊主はこの地方での祭日・・・

連休の前に吊るすそうです(観光客が大勢来るように)願いですね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

材料費は??

  0610_5_2 0610_3_1 0610_4_1

0610_2_1 0610_1_1 0610_6_3

雷の怖さを我慢してやっと仕上げたハワイアンキルト♪

裏地にも可愛い生地を使ってお洒落に♪

少し地味になってしまって、生徒さんの中には派手なのが好きな人も。

十人十色と申しますが色々です・・・可愛い作品を作ってくださいね (^^♪

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見事に復活♪

Ts2a1044 Ts2a1059 Ts2a1060

サツキがダニで駄目になって半月経ち・・・

復活しました・・・植木屋さんに消毒を頼んで半月。

サツキが去年みたいにはいかなくても咲きました。

花の命って凄いです、人間でいえば薬を飲んで風を治すような♪

よかったです (*^。^*) また見事なサツキを見れて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

源次は二人の仲を妬み(BlogPet)

ショウが
鍋乃に想いを寄せるもう一人の男、源次は二人の仲を妬み、助三郎さえいなければと、ある夜に灯りを崖の外れに移して助三郎を騙し、そのせいで能登を踏み外して深い海に沈んで帰らぬ人となってしまった。
っていってたの。

*このエントリは、ブログペットの「コウチャン」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

能登の旅・・・6

0607_2 0607_3 0607_4

 

輪島で昼食・・・まだら館

昼食が終わって輪島の街並みを散策。

地震の後で賑わいも無く建物を取り壊しているところも多く見られます。

朝市通り・・・ん~~静かだ人影もあまり無かった。

昼に来ているのにね(^^♪

 軒下に大きな杉玉をつるした造り酒屋。

酒林といって冬に新酒ができると目印につるす物だそうだ。

0607_5 0607_6 0607_8

0607_7 輪島の方々には早く心を癒して

元の輪島の賑やかさを取り戻して欲しいですね(*^。^*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

能登の旅・・・5

0602_7 0602_9 0602_10

朝日を撮る為に早起き・・・旅行に来てまで早起きとは!!!

窓岩[曽々木海岸] 

冬の厳しい日本海の荒波をまともに受ける男性的な荒々しい海岸線が続く曽々木海岸。そのシンボル的な存在として「窓岩」があります。

0602_13 0602_11 0602_12 0606_8_1

本阿弥光悦、野々村仁清、尾形幹山、 初代柿右衛門、古九谷、
他. 工芸. 魚住為楽、前大峰、宮崎寒雉、他. その他.
仏像、古文書、家札など. 石川県輪島市町野町東大野.
*建物が寺院を思わせる美術館で寺院と間違えたのは私だけ(*_*)
能登の千枚田、能登のお米は、とてもおいしかったです。
曽々木と輪島の中間、白米(しろよね)にある千枚田.
海へと続く急な斜面に、棚田の曲線が美しく・・・ため息をつく♪
海と棚田が同時に見えるなんて感動しました♪
石川県輪島市白米町ハ部99-4. 能登鉄道輪島駅下車。 ...
輪島市内から曽々木海岸方面へ、国道249号線を走ると、
15分くらいで「白米枚田」に着きます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今年も咲きはじめた♪

0606_1 0606_2 0606_3

0606_4 時計草♪

ブラジル原産です。英名はパッション・フラワーで,

雄しべの花柱をキリストに,副花冠を後光にたとえたものであるといいます。

毎年写真を撮りに行っています☆彡

花が咲く頃に電話をしてくれます『今年も咲きはじめたよ』

ありがとう、毎年、毎年、もう4年になります。

今年は花がどうもスッキリ咲いていない!!!

まだ、早いかな?沢山の蕾をつけている♪

 花の中心に針がついているように見えて、面白い花です♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

能登の旅・・・4

0605_1 0605_4 0605_3

0605_2 0605_5 0605_6

一泊目の宿に着きました♪

どっしりとした落ち着きのある宿です・・・部屋の中をちょっと撮影♪

天井が変わっていて風格を物語っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アジサイ♪

0604_4 0604_5 0604_6

  スミダの花火(ガクアジサイ) ♪   山アジサイ♪    

0604_7 0604_8 0604_3

梅雨が似合う花・・・アジサイ(紫陽花)

下段真ん中はヤマアジサイです、段々と色が薄くなってきているようです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

能登の旅・・・3

0602_2 0602_3 0602_4

0604_2 0604_1 0602_8

九十九湾(つくも湾)→(遊覧船乗船)約30分♪

遊覧船は湾内の島や入江をめぐり、
大小さまざまな入江と島々からなる九十九湾は日本百景の一つに数えられていました。「日本海」、「能登」といえば荒々しい風景ばかりを思い浮かべますが、七尾湾側(内浦)は女性的な優しい風景が多く見られます。観光船も運航されていますので海からこの雄大な景色を楽しむことが出来ます。

・・・崖崩れの後が生々しく・・・

このような光景をみると心が痛みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登の旅・・・2

0529_4 0529_5 0529_6

☆見付島(みつけ島)

見附島は周囲450m、高さ30m、渚から200m程沖合いにある離れ小島です。

間近まで軽岩の人工踏石が一列に入れてあります。

左方に更なる小島と鳥居を控え、島上に黒松、牡松、樽、栗、楓、椿などが

分布して、烏や鵜、鴎のねぐらとなっています。

波浪風雨による侵食が激しく岩盤などが年々削り落

とされています。

*1968年指定。石川県4市12町及び富山県2市を含む総面積約9800ha、

海岸線延長 約370km。

0529_7 0529_8 0529_9

☆恋路海岸~九十九湾(遊覧船乗船)~父の実家~宿へ

恋路の悲恋伝説

源平戦乱の頃、平家の落ち武者谷坂小平次なる者、この里に来て刀を捨てて百姓となり暮らしていた。その頃からこの付近を小平次の里と呼ぶようになった。

木郎の里(現在の不動寺付近)の助三郎は釣り好きの若者で、いつもこの浜で釣りを楽しんでいた。

また多田の里(現在の珠洲市宝立町)に鍋乃という美しい娘がいたが、ある日潮干狩りをしていて誤って溺れかかっていたところを助三郎に助けられ、それから二人は恋仲となり、人目を忍びこの浜で逢瀬を重ねていた。

月の無い暗い夜は鍋乃の焚くかがり火が助三郎への合図としていた。鍋乃に想いを寄せるもう一人の男、源次は二人の仲を妬み、助三郎さえいなければと、ある夜に灯りを崖の外れに移して助三郎を騙し、そのせいで足を踏み外して深い海に沈んで帰らぬ人となってしまった。それを知った鍋乃も源次の求愛を退けて海に身を投げて助三郎の後を追った。

里の上に小さな観音堂がある。この無柱の堂にいつの頃からか一人の老僧が住みつくようになった。この僧こそが改心した源次その人であった。若き日に男女の仲をさいて死に至らしめた過ちを悔い、以後仏弟子となって二人の菩提を弔いつつ、諸国を修行して故郷に帰ったのである。

愛欲、嫉妬に苦しんだ若き日を省み、男女の仲を取り持つ事もしばしあったので、いつしか縁結びの観音堂と言われ、この堂に参拝する二人は必ず結ばれると伝えられたそうです。その頃から誰言うことなく小平次の里と呼ばずに『恋路 こいじ』と言うようになったと伝えられています。

『広報 のと』より参照

九十九湾(つくも湾)~遊覧船乗船。

海の色はエメラルドグリーン、漁船が(イカ釣り)が後一週間もすると出航するとか。

出航すると2~3ヶ月は戻らないそうです。

写真に撮る事が出来て、な~んて幸せなことか (*^。^*) ☆彡☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コウチャン(BlogPet)

ショウは
家から見える能登々です♪*このエントリは、ブログペットの「コウチャン」が書きました。
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「コウチャン」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登の旅♪

0529_15 0529_16 0529_14

午前9時55分羽田を出発♪(でも飛行機は嫌いです)

28日機内より富士山、南アルプスを震えながら撮りました(笑)

飛行機嫌いの私・・・良く撮影をしたのかと思うと・・・

自分で自分を褒めてあげたい(*^。^*)(少しオーバーである)

0529_3 0529_2 0529_1

能登町植物公園・・・

http://nakamata.hp.infoseek.co.jp/casa/botanicalpark/botanicalpark.htm

自然の樹木に観察用表示がしてある『とんぼの小川』『小鳥のさえずる森』など、

素敵な名前が付いている『ふれあいの森』。

花菖蒲まつりは6月からで(残念でした)ここでは昼食を☆彡

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »