« 綿の木♪ | トップページ | 天城~下田♪ »

三島梅花藻♪

Dsc01175 Dsc01177_1 Dsc01180_1

Dsc01178 Dsc01176 Dsc01179_1

ミシマバイカモ(三島梅花藻)は、キンポウゲ科の多年草水中植物で、

市内の楽寿園で発見され昭和29年に静岡県の天然記念物に指定され、

水中に沈んだ糸状の細い葉と可憐な梅のような白い花を開き

富士山の冷たいきれいな湧水と日当たりを好み一年中花を咲かせ楽しませてくれます。


水の汚染、水の減少、水温の上昇(適温15度前後)には、非常に弱く、

水質のバロメーターととも云われている、しかし、湧水の減少と汚染による環境の悪化

から死滅し、三島から姿を消しました。

三島湧水会では、「水の都・三島」の宝物であったミシマバイカモと水の復活させ、

三島っ子の心を川に呼び戻したいと考え、これまで柿田川で保護されていた

三島梅花藻を市内の川に移植する試みを続けてきました。

それと同時に水辺環境改善をすすめ、

今では、移植したミシマバイカモが自然増殖するまでになりました。

この実績をもとに、三島佐野美術館前の湧水池を育成増殖のための施設

「三島梅花藻の里」として、グラウンドワーク(地域総参加) 

市民・三島市(行政)・企業によるパートナーシップで協力関係を

保ち手作りで整備を進めている里づくりです。

このミニ公園「三島梅花藻の里づくり」の事業推進に市民、行政、企業、佐野美術館、

三島ゆうすい会、グラウンドワーク三島実行委員会各団体があつまり設立されました。

平成7年3月(三島ゆうすい会ホームページより)

この日は毎日掃除をしている方とお話ができました(^^♪(適温15度前後)だから、

カラーの花も一年中咲くそうです、カルガモの親子も見ることができるそうです。

早朝にはカワセミの姿も見えるそうです(*^。^*)みてみたいですねカワセミを♪

毎日掃除をしないと梅花藻が死滅してしまうそうです、我が子が大きくなるような

そんな想いで掃除をするのだそうです、可愛くて可愛くてたまらないそうです(^^♪

|

« 綿の木♪ | トップページ | 天城~下田♪ »

「散歩」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41657/4470558

この記事へのトラックバック一覧です: 三島梅花藻♪:

« 綿の木♪ | トップページ | 天城~下田♪ »